• 022-223-1221

    9:00~12:30/14:00~18:30 土曜日は13:30まで

  • お問い合わせ

aesthetic-treatment

審美治療・セレックを用いたセラミック治療

審美歯科治療とは

審美歯科治療では、セラミックやジルコニアなど、天然歯とほとんど変わらない見た目を持つ素材を使用し、美しくキレイな口元を作り出していきます。
歯並びが美しくなるとお口のお悩みやコンプレックスが減り、明るく素敵な笑顔が生まれるようになることでしょう。当院では見た目の美しさに加えて、咬み合わせの正しいバランスにも注目し、審美的な側面と機能的な側面の両立をめざした治療を行っております。
治療の多くは自費診療になり、費用面がご不安になる患者様も多くいらっしゃいますが、一人ひとりのご要望やライフスタイルに合わせた治療の提供に努めておりますので、どうぞご安心ください。

当医院では、新しい歯科医療技術で審美的にも機能的にも患者様一人ひとりに合った治療を行っております

セレックを用いたセラミック治療

セラミックとは

セラミックは色合いや透明感が高く、見た目にも美しい被せ物や詰め物に仕上がりやすい歯科素材です。天然歯の硬さに近く、咬み合う反対側の歯を傷める心配がほとんどありません。耐久性もあり、キズも付きにくく、美しさを保った状態で長期間にわたってご利用になれます。金属も一切使用されておらず、金属アレルギーの患者様も安心です。

こんな方におすすめします

  • 口元に自信がなく、会話の途中など相手の目線が気になってしまう方
  • 前歯の大きさや形をそろえたい方
  • 何度もホワイトニングしている方
  • 欠損歯があるが入れ歯やインプラントにはしたくない方
  • 被せた詰め物と歯茎の境目が黒くなっているのが気になる方
  • 金属アレルギーの方

当院で扱っているセラミック

セラミックインレー

奥歯の小さな虫歯の治療では悪くなった部分だけを削り、削った穴の歯型を採りセラミックの詰め物を作製するのをインレー法といいます。
使用するセラミックは、従来金属でしたが高い審美性のセラミックにより口を大きく開けても目立つことがなく、自分の歯の色に合わせることができます。

セラミッククラウン

虫歯がひどくて歯に大きな穴が開いてしまった、又は虫歯が神経まで到達していて神経を取り除いてしまった場合にセラミックを使用して被せる治療をセラミッククラウン法といいます。
ラミネートベニアやセラミックインレーとは違い、歯の全体を被せ自分の歯の色に合わせることができます。

オールセラミッククラウン

金属を一切使用しないセラミックの被せ物です。オールセラミックは光の透過度が高く、セラミッククラウンよりもさらに美しい仕上がりとなります。神経をとった場合の人工の土台も金属を使用せず、白いグラスファイバーを使用します。より審美性を求められる前歯の部分ではオールセラミッククラウンが最も適しているといえます。

ラミネートべニア

ラミネートべニアとは、歯の色が変色している場合に歯をあまり削ることなく、セラミックを用いて歯の変色している部分につけ爪のようなセラミックのシェルを貼り付けて、綺麗にする治療法です。歯肉への負担も少なく、色素沈着がないのが特徴で主に前歯に使用致します。歯の色味だけではなく、歯と歯の隙間の改善や歯の形を部分的に整える審美治療です。

セレックについて

CAD/CAMシステムを利用し、コンピュータ制御を用いて被せ物を作製するシステムがセレックです。虫歯を削った部分を専用のカメラで撮影するだけで、コンピュータ上で3D画像として形を再現できます。シリコンを噛んで型取りをする必要がなく、患者様にストレスになりにくいことが特徴です。設計した被せ物のデータを送信すると、専用のマシンがセラミックを自動で削り、設計通りの形に仕上げてくれます。完成した被せ物を取り付け、微調整を加えて治療完了です。従来のように、被せ物の作製を歯科技工所に依頼する必要がなく、院内ですべての治療を終わらせられることも、スピーディーな治療の実現に欠かせない当院の治療設備の一つです。

セレック治療のメリット・デメリット

メリット

  • 治療期間が短い
  • 治療コストが安い(技工所でセラミック歯を作成する場合に比べて)
  • 歯を削ってから被せ物を入れるまでの時間が短い
  • 自然な白さを作り出せる

デメリット

  • 抜歯などで歯を失った場合、隣の歯を土台にして補うブリッジ連結が使用できない(1本欠損の場合、出来ることがあります)
  • 保険適用外
  • 前歯に1本だけ入れる場合など、細やかな色合いの調整が難しい

セレック治療の流れ

セレック治療で対応可能な補綴物

  • インレー
  • クラウン
  • セレックブリッジ

当院のセレック治療

セレックを用いた治療の最大の特徴は、削ってからセラミックの修復物を装着するまでが最短1時間ほどで完結できることにあります。削ってから修復物を装着するまでに仮の薬や仮の歯などの余計なものを付けずにダイレクトに接着でき、仮の薬が途中で取れてしまうなどのリスクもないため治療の精度が高まります。また、歯の内面の象牙質部分はコンポジットレジンンという象牙質と近似した硬さの材料で修復し、表面のエナメル質部分は硬さの近似したセラミックで修復を行い、当院では出来る限り生体に近似した材料で修復を行うことを考えております。

ホワイトニングについて

ホワイトニングとは、歯に塗布した専用の薬剤が、有効成分が歯の内側に沈着した着色成分を分解し、歯が持つ本来の白さを引き出す治療方法です。歯のクリーニングと勘違いされる患者様もいらっしゃいますが、クリーニングは歯の表面に付着したステインを除去できますが、エナメル質の色は変わりません。当院では歯科医院で行うオフィスホワイトニング、患者様ご自身が自宅などで行うホームホワイトニング、両方を組み合わせたディアルホワイトニングをご用意し、ライフスタイルに合わせてお選びいただけます。

ホワイトニングの注意事項

ホワイトニング剤の影響により、知覚過敏の症状が発生する場合がございます。
事前にカウンセリングを行い、患者様の口腔環境に合わせたご提案をいたします。その他、ご不安に思われることがございましたら、お気軽にご相談ください。

当院のホワイトニング

ホームホワイトニング

患者様にご自宅用の機材、マウスピース、お薬を使用して自宅で行っていただく治療をホームホワイトニングと言います。まず歯型を採り、患者様にあったマウスピースを作製致します。白くなるまでは少し時間がかかる可能性がありますが、歯科医院での処置(オフィスホワイトニング)に比べ、コストを抑え、気軽に始められる手軽さをご要望される場合におすすめしています。また、ホームホワイトニングでは低濃度の薬剤を使用するためにより安全で、効果が長持ちするというメリットがあります。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行う治療をオフィスホワイトニングと言います。専用の薬剤とレーザーを使い歯を白くしていきます。
自宅での処置(ホームホワイトニング)に比べ、歯科医師や歯科衛生士が担当するため、濃度の高いホワイトニングの薬を使用することができるため安全性と処置が終わってからの即効性が高いのが特徴です。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行うホワイトニングのことです。それぞれの長所を活かして歯を白くする方法です。効果が比較的出るのが早く、色も長持ちします。

お問い合わせ

ページトップへ戻る