• 022-223-1221

    9:00~12:30/14:00~18:30 土曜日は13:30まで

  • お問い合わせ

lost-teeth

歯の欠損

歯を失ってしまった方へ

歯を失った後は、ブリッジや入れ歯、インプラントなどによって、歯の機能を回復できます。歯が抜けたまま放置していると、周囲の歯がその隙間を埋めようと傾いてしまい、歯並びや咬み合わせが悪くなってしまうリスクがあり、注意が必要です。当院ではまず、検査や診断から歯を失った原因を明らかにし、再び歯を失うことがないようにサポートしております。「歯が抜けてしまった」「入れ歯が口に合わずつらい」などでお悩みの際は、お一人で悩まずに当院にご相談ください。

歯を欠損した場合の治療について

ブリッジ

ブリッジとは、歯が抜けた部分の両隣に生えている歯の一部を削り、つなぎ合わせて作られた被せ物を、橋をかけるようにして取り付ける方法です。固定式なのでずれにくく、噛んだ時の違和感が少なく使用できます。一方、歯を大きく削る必要があり、支えとなる両隣の歯に負担をかけてしまうリスクもあります。

メリット

  • 固定式のため装着の違和感は少ないです
  • 自分の歯とほとんど同じ感覚で噛むことができます
  • 保険適用です

デメリット

  • ブリッジを固定する為に両隣の歯を削る必要があります
  • 歯ぐきとの間に食べかすがつまりやすくなります

入れ歯(義歯)

被せ物と一体化した金属のバネを、失われた歯の両隣の歯に引っ掛け、歯の機能を回復させる取り外し自由な入れ歯です。入れ歯の洗浄など、メインテナンスを怠ると衛生状態が悪くなり、虫歯や歯周病のリスクが高まるため注意が必要です。

メリット

  • 健全な歯を削りません
  • ブリッジで適応できないような大きな欠損を補うことができます
  • 取り外しができるため、お手入れが簡単です

デメリット

  • 部分入れ歯は、バネをかける歯に負担がかかることがあります
  • お口に合っていないと、痛みをともなったり、発音がしにくくなったりする場合があります

インプラント

インプラントは、人工歯根に見立てたチタン製のインプラント体を顎の骨に埋め込み、人工歯を取り付けて歯の機能を回復させる治療法です。インプラント体は顎の骨と結合しているので、ずれたり抜け落ちたりする心配がほとんどなく、噛む時の安定感の高さも魅力的です。長期間にわたって使用できますが、メインテナンスを怠ると、歯周病と同じような状態になるインプラント周囲炎のリスクが高まります。治療後も歯科医院で定期的なチェックを行い、お口の中をいつも清潔な状態に保つように心がけましょう。

メリット

  • 顎の骨に固定するので、天然の歯のように噛むことができます
  • 一本ずつ再生するので、隣の歯に負担をかけません
  • 天然の歯と区別がつかない自然な仕上がりになります

デメリット

  • 外科手術が必要になります
  • 自費診療になるため、治療費が高額になります
  • 持病があったり顎の骨の状態がよくなかったりすると、治療を行えない場合があります
  • お手入れが出来ていないと、インプラント歯周炎になります。そうならないために、定期検診が必要です

義歯(入れ歯)

当院でご紹介している入れ歯

義歯には、総義歯と部分義歯があります。プラスチックや金属で補強してあるものバネが見えない物など様々なタイプがあります。義歯は歯ぐきや歯の粘膜をプラスチックで覆っており、これにより食感・温度を感じにくくなります。義歯には様々な材質があり変えることによって食事の温度を感じやすくすることもできます。当院では、様々な義歯を取り扱っておりますのでお気軽にご相談ください。

金属床

金属がフレームベースになっている総入れ歯です。保険診療だと、入れ歯の素材はレジンのプラスチックで出来ていますが強度を確保するために床を厚くする必要があり、装着時に違和感がでることがあります。金属の入れ歯には金属フレームを使用することにより強度が確保できるので、保険の入れ歯より薄く違和感も少ないものを作製する事ができます。使用する金属は白金加金床、コバルトクロム床、チタン床などからお選びいただけます。


ノンクラスプデンチャー

一般的な部分入れ歯は残っている歯にクラスプをかけますが、ノンクラスプデンチャーの場合、クラスプが無く義歯床の範囲を広げて歯茎を覆う事で維持しています。入れ歯をつけていることが気が付かれなく審美性にも優れています。ノンクラスプ、コバルトクロムノンクラスプからお選びいただけます。


お問い合わせ

ページトップへ戻る