• 022-223-1221

    9:00~12:30/14:00~18:30 土曜日は13:30まで

  • お問い合わせ

preventive

お口のメインテナンス

お口のメインテナンスとは

歯のメインテナンスは、虫歯や歯周病になる前に、歯を健康的に保ち予防を目的とした歯科治療の事です。
日本では、虫歯や歯周病になる前に歯科医院へ訪れる習慣があまりなく、「治療」を目的に来院される方が多いのですが、最近では未然に訪れカウンセリングを受け予防を受ける方も増えてきました。虫歯や歯周病にならないために、予防処置として適切な方法は、ご自身での歯磨き「セルフケア」と定期的な歯科医院での歯のクリーニング「プロフェッショナルケア」を受ける方法があります。日頃から歯科医師・歯科衛生士と共に健康な口腔環境を予防していきましょう。予防を始める年齢は幼ければ効果的で、いつ始めても遅くありません。緊急のトラブルがなくても、お子さまやご自分の歯に一度ゆっくり向き合ってみませんか。

メインテナンスの必要性

虫歯を削って、何度も治療をしてしまえば歯は悪くなってしまいます。
一度治療した歯を再治療をする際には、さらに大きく歯を削らなければいけません。この再治療を繰り返すことによって最終的には削る歯がなくなってしまい、抜歯になってしまうケースもあります。一度治療した歯は強くなるのではなく、弱くなったという認識がとても大切です。
治療後、虫歯再発とならないためにもメインテナンスや予防に対する正しい知識を持つことが重要です。

歯科医院で行うプロフェッショナルケア

スケーリング

スケーリングとは歯科医院で安全にできる「歯石とり」のことです。
歯石とは、前歯の裏側や奥歯の側面などにできやすい乳白色の硬い石のような汚れのことです。歯ブラシだけでは除去が出来ないので、スケーラー(あるいは超音波スケーラー)という器具を使って除去していきます。
歯石は一度除去しても、時間の経過とともに再形成されるため、定期的に除去することが望ましいといえます。通常のペースですと3ヶ月か半年程度が目安になります。

ブラッシング指導

歯磨きの目的は歯垢(プラーク)を落とすことです。
「歯と歯の間」や「歯と歯茎との境目」「かみ合わせの面」は一番汚れが付きやすいところです。これらの部位の磨き方を歯科医師・歯科衛生士のもとご指導を受けていただくことをおすすめします。ご自身では磨いているつもりでも磨けていないことがあるので、この機会に自分の磨き方を見直し正しいセルフケアを身につけましょう。

フッ素塗布

フッ素は、歯を強くする効果が期待できます。歯のエナメル質を強くし、虫歯菌の出す酸に負けない歯を作る働きがあります。フッ素は身近なものにも含まれてて、例えば、紅茶・緑茶・リンゴ・イワシなど色々な食品に含まれています。虫歯の進行を防ぐために、フッ素を活用してください。
フッ素入りの歯磨き剤と併用していただくことによって、歯を強くすることが期待できます。

PMTC

歯と歯の間や歯周ポケットなど、ホームケアでは取り切れない部分の汚れまで徹底的に落とすプロフェッショナルクリーニングです。歯科衛生士が専用機器を用いてきれいにして、仕上げにフッ素入りのペーストで表面をなめらかに磨き上げます。虫歯や歯周病の予防になりますし、歯本来の白さが戻り、口内が爽やかになります。

シーラント

奥歯の歯の溝などは、歯ブラシで完全にきれいにすることが難しい場所で、 そのため、虫歯のリスクが高い場所です。ここを虫歯にならないように、予防処置を行うのが「シーラント」です。奥歯にある溝をプラスチックで埋めて、食べ物を詰まりにくくする処置です。

当院の予防治療について

当院では、治療後は必ずメインテナンスを行っております。お口の中の虫歯や歯周病などの病気は初期には全くと言っていいほど症状が出ません。また、かみ合わせにも変化が現れます。お口の中のリスクの高い部位を、皆様のリスクに合わせて1~6か月ごとにチェックさせていただき、出来るだけ大掛かりな治療をしなくてすむようにセルフケアのポイントを共有させていただきながら、修復したお口の中の状態を永く保つことを目指しております。

お問い合わせ

ページトップへ戻る