• 022-223-1221

    9:00~12:30/14:00~18:30 土曜日は13:30まで

  • お問い合わせ

pediatric-dentistry

小児歯科・咬合育成

小児歯科とは

小児歯科とは、子どもの虫歯予防、虫歯治療、歯並びの治療や予防などを行うところです。将来、虫歯のない綺麗な歯と良いかみ合わせになるためには、早期からの予防のケアが大切です。大切なお子様の歯を守るためには小さい頃からきちんとしたお口のケアが出来るのはお父様、お母様やご家族の皆様です。
将来の歯並びや、虫歯や歯周病などに不安をお持ちの保護者の皆様と共に乳歯時期からお口の管理のサポートに努めていきたいと当院では考えております。

丸森歯科の小児歯科について

小児歯科では、お子様の虫歯治療や矯正治療などを行っております。特に予防には力を入れており、フッ素塗布やシーラント、歯磨き指導など、さまざまな予防処置のご案内が可能です。お子様の時期は、治療器具の音や振動、痛みなどの刺激、歯科医院の慣れない環境などにとまどい、歯医者嫌いになってしまう可能性があります。
「歯医者は怖くなく身近な場所」とお子様に思っていただけるように、当院ではスタッフがお子様と同じ目線に立つことを心がけ、無理をさせずに優しさと思いやりを持った治療を大切にしております。お子様の歯やお口に関するお問い合わせも受け付けておりますので、いつでもお気軽に当院にご相談ください。

お父様・お母様へのお願い

  • 「悪いことをしたら、歯医者に連れて行くわよ」などは、お子様に言わないでください。
  • ご来院して頂く前に、「見るだけだから」「痛くないから」など言わないようにしてください。もし治療する必要がある場合に、お子様に嘘をついたことになってしまいます。
  • また、事前に歯医者に行くと伝えて、ご来院するようにお願い致します。突然、歯医者に連れてこられると怖がるお子様もいらっしゃいます。
  • ご来院して頂き、もしお子様が泣いたり、騒いだりしても怒らないでください。帰る時には、「よく頑張ったね」と褒めてあげてください。

お子様の虫歯治療

乳歯だからといって、虫歯になっても問題ないと考えることは大変危険です。乳歯は丈夫な永久歯が生えるための準備する期間で、永久歯を正しい位置に導くといった大事な役割があります。その他では、顎の骨の成長や知能の発達や、正常な咬み合わせにも影響を及ぼしています。虫歯は感染症でもあることから、虫歯がある状態で抵抗力の弱い新しい永久歯が生えてくることによって、永久歯が虫歯になるリスクは高まります。

お子様の歯を虫歯から守るために

虫歯とは細菌の感染によって引き起こされる感染症の一種だと言われています。 本来我々は生まれた時は無菌の状態で生まれてきます。生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中を調べてみると、虫歯菌はひとつもないのです。では、どうして虫歯になっていってしまうのでしょうか?それは生後、19ヶ月~33ヶ月(平均2歳2ヵ月)の時期(window of infectivity)に何かの機会で家族(主に母親)から、赤ちゃんのお口の中に虫歯菌が感染してしまうからです。 では、どうしたら感染させずにすむのでしょうか?それは、お母様や家族の方のお口の中の虫歯菌の数を減らすことから努力しましょう。母乳を与える前に手を洗って消毒し、同じように赤ちゃんと接する際には、良く歯磨きを行い、お口の中を綺麗にしてから接してあげてください。

お箸のつかいまわし、キスやくしゃみなどをすることによって感染してしまうので、食べ物を冷やすために母親のスプーンでフーフーしたりは、虫歯の観点から見ればやらない方が良いです。

かみ合わせを整えて健康で美味しいご飯を

咬合育成とは

「正しい咬み合わせを育てる」ことを咬合育成といいます。将来的に歯並びが悪くなる原因や習慣を早めに見つけて改善し、お口の正しい成長をめざしていきます。歯の生え始めや生え変わり時期に取り組んでおくと、その後の治療がスムーズになり、永久歯に生え変わった後のお口の健やかな成長を促進できるのです。歯並びはもちろん、お口の機能も改善できるので、将来の虫歯・歯周病予防や嚥下機能の維持にもつながり、年齢を重ねても健康なお口でいられる期待が高まります。

具体的な治療法と介入時期

当院では治療をいきなり始めることは、決してありません。なぜなら、お口の状態は一人ひとりのお子様によって異なるからです。まずは正確な診査・診断でお子様の症例を見極め、適切な治療計画を定めてから症状の改善をめざしていきます。

咬合育成の流れ

お子様の歯並びについて

お父様やお母様に、矯正はいつ頃から始めたらいいのかを聞かれることがあります。矯正のことだけを考えた場合は、永久歯が生えだす4歳から6歳ごろから始めます。ただし、乳歯を虫歯などで抜歯すると、永久歯の歯並びへ影響することがあります。乳歯が萌えだしてから、定期的な予防のケアを行うと虫歯になっても抜歯することなく、永久歯へしっかりと萌え代わるれるので日頃のケアが重要です。

お問い合わせ

ページトップへ戻る